Menu ピコレーザー

  1. HOME
  2. レーザー治療・高周波治療・超音波治療
  3. ピコレーザー

このような悩みの方におすすめ

  • シミ・肝斑・そばかす
  • 美白・くすみ
  • 毛穴・黒ずみ
  • 肌質改善

厚生労働省が認可しているピコレーザー
「エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)」

世界的には2013年から、ピコ秒レベルの照射を可能とした超短パルスレーザーが臨床的に使われるようなり、ピコレーザー エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)は世界的にも最先端のレーザーと言えます。
当院は2017年の11月にピコ秒レーザーの中で唯一厚生労働省が認可しているエンライトンレーザー(SR/Ⅲ)というピコレーザーを導入しており、治療実績が豊富にございます。

Feature ピコレーザーの特徴

今までのレーザーと何が違うの?

今までのレーザーは脱毛などに使われる照射時間が長めのロングパルスレーザーや、しみ治療などに使われる照射時間がナノ秒のQスイッチレーザーがありました。
ピコレーザー エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)は更に照射時間がピコ秒と、非常に短くなっています。

レーザー照射時間が短くなると何がいいの?

周りの組織のダメージが少なくなるので、強いレーザーを照射した後に2週間貼らなければいけないテープ保護が無くなります。

ピコレーザー エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)は
照射時間が限りなく短いので、色素沈着のリスクもかなり減ります。

レーザーが皮膚に長く照射されると、それだけ皮膚は熱反応を受けます。
つまり火傷のような状態を作ります。そのため2次性の色素沈着のリスクが上がります。
しみがレーザーで取れたのに、その約1か月後に茶色く色素沈着する割合が全体の30%強とも言われています。

ピコレーザー「エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)」は照射時間が限りなく短いので、色素沈着のリスクもかなり減ります。

ピコレーザー エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)の
照射方法は3種類

1. フラクセルレーザーのように照射する方法

特殊なレンズを付けることによりフラクセルレーザーのように照射出来るので、毛穴やニキビ跡の瘢痕にも効果があります。

2. レーザートーニングのように弱い出力で空中照射

肝斑の方や、色素沈着をしている方、しみを徐々に薄くしていきたい方に向いています。

3. しみ部分をショット打ち

強くしみ部分を狙って照射しますが、Qスイッチルビーレーザーのように照射後の2週間のテープ保護はいらなくなりました。

Instagram

Price 料金表

【キャンペーン】全顔ピコショット/打ち放題 1回
88,000円
2024年2月まで特別キャンペーン価格!
55,000円
ピコトーニング 顔全体 1回
22,000円
初回
11,000円
5回
88,000円
10回
154,000円
ピコフラクショナル 顔全体 1回
27,500円
初回
13,750円
5回
110,000円
10回
192,500円
ピコトーニング+ピコフラクショナル 1回
39,600円
5回
158,400円
10回
277,200円
Wジェネシス+ピコトーニング 1回
39,600円
5回
158,400円
10回
277,200円
Wジェネシス+ピコフラクショナル 1回
44,000円
5回
176,000円
10回
308,000円
Wジェネシス+ピコトーニング+ピコフラクショナル 1回
53,680円
5回
214,720円
10回
375,760円
アートメイク・タトゥー消し
Qスイッチレーザー・ ピコレーザー
1×1cm
11,000円
2×2cm
44,000円
3×3cm
66,000円
4×4cm
88,000円
5×5cm
110,000円
  • 価格は全て税込みです

Overview 施術概要

施術時間 20分
施術サイクル 1か月
ダウンタイム・注意事項 赤み
洗顔・入浴 当日から可能