陥入爪・巻き爪:大阪心斎橋で手術が保険で出来る【MA皮膚科クリニック心斎橋(女性医師・土日診療 】

SYMPTOM

陥入爪・巻き爪

MAクリニック心斎橋 院長
谷川 知子

当院は待ち時間を少なくするため、
完全予約制にしています。
当日でもご予約いただけます。

[完全予約制]
11:00~19:00(月・火・木・金・土)
10:00~17:00(水・第2日曜・第4日曜)

メールは24時間受付中!(返信は営業時間内になります)

陥入爪とは?

陥入爪は爪の端を切りすぎたために、爪の横の皮膚(側爪郭)に爪が刺さり、痛みが出ることを言います。また、その部分にばい菌が入ると膿むこともあります。

治療法は?

まずは爪を伸ばし、爪の端を皮膚より先に出すことです。また日ごろの爪ケアとして、端を落とさず爪はスクエアカット(四角くカット)にしておくことです。

爪が食い込んで痛みが強い場合や感染が酷い場合は、ワイヤーにて、食い込んだ爪を持ち上げ、食い込みを緩和することも出来ます。
何度も繰り返し、痛みが強い場合は、手術法もあります。

手術法

①フェノール法(軽度の場合)

食い込んでいる爪を取り除き、その部分の爪を生えなくするために、爪の根元にある爪母細胞をフェノールという液体で化学的に爪母細胞を死滅させてしまいます。

手術手順

1 指の根元に麻酔をし、指全体を痛くないようにします。

2 駆血帯を指の根元に巻き、術中の出血を抑制します。

3 爪の端の部分を抜爪し、その部分の爪母にフェノールを繰り返し塗布します。

4 十分に塗布したら、無水エタノールで中和し終了となります。

5 施術後は軟膏と塗布し包帯を巻きます。

6 自宅での洗浄と抗生剤塗布は約2週間お願いしています。

②田島法

食い込んでいる爪を取り除き、爪の根元(爪母)を確実にメスで切除する方法です。

手術手順

1 指の根元に麻酔をし、指全体を痛くないようにします。

2 駆血帯を指の根元に巻き、術中の出血を抑制します。

3 爪の端の部分を抜爪し、その部分の爪母を確実にメスで切除します。

4 止血後、切除した爪母部分を縫合します。

5 施術後は軟膏と塗布し包帯を巻きます。

6 手術次の日に、傷の具合を再診させて頂きます。その後は自宅での洗浄と抗生剤塗布は約2週間お願いしています。2週間後抜糸に来て頂きます。

巻き爪とは?

爪が湾曲して、変形することから痛みが生じます。原因は末節骨(骨)の変形に伴い、爪の下の皮膚(爪床)が湾曲するので、それに沿って爪が生えるので爪も湾曲します。

治療法

手術法

抜爪し、爪の下の皮膚(爪床)を皮弁として起こし、巻き爪の原因となっている末節骨を平らに削ります。起こした皮弁を裏から切開(スリット)を入れ、横に引き延ばし細くなった爪床を伸ばし、末節骨の上に戻し、縫合します。

手術手順

1 指の根元に麻酔をし、指全体を痛くないようにします。

2 駆血帯を指の根元に巻き、術中の出血を抑制します。

3 抜爪し、爪の下の皮膚(爪床)を末節骨骨膜上で根元まで起こします

4 湾曲した末節骨を平らに削ります。

5 起こした皮弁の裏からスリットを入れ、細くなった爪床を広げます。

6 削った末節骨上に皮弁を戻し、縫合します。

7 軟膏を塗って、包帯を巻きます。

8 抜糸は2週間後です。

当院は待ち時間を少なくするため、
完全予約制にしています。
当日でもご予約いただけます。

[完全予約制]
11:00~19:00(月・火・木・金・土)
10:00~17:00(水・第2日曜・第4日曜)

メールは24時間受付中!(返信は営業時間内になります)

CONCEPT

心斎橋で手術のできる皮フ科・形成外科
女性院長が丁寧に施術をいたします。

老若男女すべての方に。自身の体験より、女性院長が丁寧に施術をいたします。西区、新町、心斎橋の方はもちろん、皆様のかかりつけ医院として、なんでもご相談下さい。

昼休みに、会社帰りに、日曜日の診察もありますので、親子でも診察、様々な患者様にお越しいただき、様々な用途にお応えしていきます。

女性院長ならではの細かな視点からのアドバイスもさせて頂けると思います。

・朝から手のかゆみが
・急に皮膚にしこりが・・・
・湿疹が止まらない・・・

など我慢せずに、まずは御相談下さい。