アトピー性皮膚炎:大阪心斎橋で手術が保険で出来る【MA皮膚科クリニック心斎橋(女性医師・土日診療 】

SYMPTOM

アトピー性皮膚炎

MAクリニック心斎橋 院長
谷川 知子

当院は待ち時間を少なくするため、
完全予約制にしています。
当日でもご予約いただけます。

[完全予約制]
11:00~19:00(月・火・木・金・土)
10:00~17:00(水・第2日曜・第4日曜)

メールは24時間受付中!(返信は営業時間内になります)

アトピー性皮膚炎とは、湿疹とかゆみが慢性的に繰り返す病気です。炎症の強い時は、まず薬で炎症を抑え、保湿をしっかり行って皮膚のバリア機能の回復を図ることが大切です。当院は、定期的に通院し医師と相談しながら治療を進めていくことをお勧めしています。

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、長期にわたり湿疹やかゆみなどの皮膚の炎症が続く病気です。おでこや首、脇、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、手足の関節の内側などに左右対称に症状が出ることが多いのが特徴です。

湿疹には赤みがあり、かきむしるとじゅくじゅくしたり、慢性化すると皮膚が硬くなり盛り上がることがあります。主な原因として、皮膚のバリア機能の低下と免疫の過剰反応の二つが挙げられますが、その他にも喘息や花粉症などのアレルギー体質や遺伝、ハウスダストや発汗による皮膚への刺激、ストレスなど実に様々です。

アトピー性皮膚炎の治療は、まず現状の炎症を薬により改善させ、保湿をしっかり行って皮膚のバリア機能を回復させることが基本ですが、様々な原因が考えられるため、食生活や睡眠の見直し、ストレスの管理なども治療と並行して行うことが必要であると考えられています。

炎症が一過性のものかアトピー性皮膚炎によるものかを判断するのは難しいところですが、一般的に炎症が6ヵ月以上(乳児は2ヵ月以上)続くとアトピー性皮膚炎とされています。血液検査を行うと血清IgE値が正常値よりも高い傾向があり、アトピー性皮膚炎の診断基準のひとつとされています。

アトピー性皮膚炎の診断

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、長期にわたり湿疹やかゆみなどの皮膚の炎症が続くき、患者の多くはご家族にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などのアレルギー体質の方がいたり、ご自身もその他のアレルギーによる病気にかかったことがある方が多いのが特徴です。

アトピー性皮膚炎の診断基準

1.かゆみ
2.特徴的皮疹の分布

1)皮疹は湿疹病変(紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮、苔癬化、痒疹) 
2)分布は左右対側性で、前額、眼囲、口囲、耳介、頚部、四肢関節部、体幹に見られる。
3)慢性・反復性経過: 乳児で2カ月以上、その他で6カ月以上をアトピー性皮膚炎とする。

※成人型のアトピーでは、胸背部の皮疹が出やすい傾向があります。

アトピー性皮膚炎の治療

外用剤による治療

現在、アトピー性皮膚炎による湿疹や痒みを抑えるために有効とされ安全性が立証されているのは、ステロイド外用剤と近年外用剤として開発が進んだプロトピック軟膏(タクロリムス)です。ステロイド外用剤には複数の種類があります。当院では皮膚の状態や頭・顔・体などの部位によって適切なものを処方しています。プロトピック軟膏は分子量が大きく、皮膚から殆ど吸収されないため、ステロイド外用剤のような皮膚の菲薄化が起こりにくい特徴があります。いずれも皮膚の炎症を速やかに鎮静化するには非常に有効なお薬ですが、あくまでも対処療法であり、残念ながらアトピー性皮膚炎を根本的に解決することができません。

ステロイドを長期に大量に使用すると皮膚の菲薄化や毛細血管の拡張などの副作用があることが知られています。そのため、当院ではステロイド外用剤に頼った治療を行っておりません。治療と並行して適切なスキンケアと、ワセリン(プロペト等)による保湿、栄養指導を行い、皮膚のバリア機能を回復させることでステロイドの使用量をなるべく早期に減らすように努めています。また、難治性の方には積極的な栄養指導を行うサプリメント外来をお勧めしています。

内服薬等よる治療

アトピー性皮膚炎では、一般的に痒みを抑えたり痒みを出にくくすることを目的として、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤が処方されます。日中は掻くことを我慢していても夜無意識に掻き崩してしまう方や痒みが強い方は、これらの内服薬を服用した方が良いでしょう。薬にはいくつか種類があり、痒みの程度や眠気の出やすさによって選ぶことができます。尚、皮膚の湿疹などの炎症を改善するためには、塗り薬による治療が基本となります。

ストレス管理(環境因子)

アトピー性皮膚炎の原因の一つに、様々なストレスに対して皮膚の反応が敏感になることも挙げられています。睡眠時間をしっかり確保し、ストレスを溜めないように工夫したり、バランスの良い食生活を心掛けることも治療と並行して行う必要があります。アトピー性皮膚炎の方の中には消化不良を起こしているケースも多く見られます。普段の生活から腸を整える乳酸菌を積極的に取り入れたり、糖質の取りすぎや清涼飲料水の飲み過ぎには注意しましょう。

当院は待ち時間を少なくするため、
完全予約制にしています。
当日でもご予約いただけます。

[完全予約制]
11:00~19:00(月・火・木・金・土)
10:00~17:00(水・第2日曜・第4日曜)

メールは24時間受付中!(返信は営業時間内になります)

CONCEPT

心斎橋で手術のできる皮フ科・形成外科
女性院長が丁寧に施術をいたします。

老若男女すべての方に。自身の体験より、女性院長が丁寧に施術をいたします。西区、新町、心斎橋の方はもちろん、皆様のかかりつけ医院として、なんでもご相談下さい。

昼休みに、会社帰りに、日曜日の診察もありますので、親子でも診察、様々な患者様にお越しいただき、様々な用途にお応えしていきます。

女性院長ならではの細かな視点からのアドバイスもさせて頂けると思います。

・朝から手のかゆみが
・急に皮膚にしこりが・・・
・湿疹が止まらない・・・

など我慢せずに、まずは御相談下さい。

MAクリニック心斎橋 院長 谷川 知子

主な資格 日本形成外科学会専門医。
平成26年医学博士を取得。
日本抗加齢医学会専門医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医
美容外科専門医認定