tel 06-6244-3500
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-13-15三栄心斎橋ビル6F
  1. 大阪の美容皮膚科・美容外科 MAクリニック心斎橋トップ
  2. 美容通信

美容通信

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに!!
ご自身では摂りきれないビタミンCも、
クリニックのケアでサポート致します。

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

院長・谷川が声を大にして言いたいこと、【美容通信】は院内配布限定だからこそココまで言います。

夏の日焼け後対策にお勧めなのが、
高濃度ビタミンC点滴
クールビタミントリートメント(イオン導入)ですよ!

当院は点滴療法会に所属しており、高濃度ビタミンC点滴を安心・安全に治療して頂けます。

ビタミンC

人類はビタミンCを合成する能力を失ってしまいました。 ちなみに犬は体内で成合出来ます。 従って、しっかり取らないと容易にビタミンC不足となります。 まず美肌の元“コラーゲン”はタンパク質と鉄とビタミンCで出来ています。材料が無くなり、コラーゲンが作られなくなると細胞と細胞が離れやすくなってしまいます。 例えば、血管に隙間が出来ますと、血がにじみやすくなります。また骨はその半分がコラーゲンなので、折れやすくなってしまいます。これが長期間続いて体のあちこちから血が出て、骨がもろくなり、内臓が壊れる。これがいわゆる壊血病です。

ビタミンCは1日にどれぐらい必要?

当院のお勧めビタミンC療法

2~5gは必要と言われています。癌患者さまや病気の方は10g必要と言われています。

ノーベル賞を2回受賞したライナス・ポーリング博士の研究によると、「末期進行がんの患者(200人)に点滴とサプリメントでビタミンCを投与すると、生存期間が4.2から6倍延長する」と言われています。
高濃度のビタミンCは選択的にガン細胞を殺す!と言われています。
また防衛医科大学の論文によると、強い放射線に被曝(ひばく)した後にビタミンCを大量投与すると、急性放射線障害が軽減されることをマウスの実験で確かめたとされています。
実際、原子力発電所の事故で自衛隊が派遣された時には、自衛隊員はビタミンCを投与していったと聞いています。
ビタミンCはアンチエイジングだけでなく、傷んだ体も修復します。

当院のお勧めビタミンC療法

① 高濃度ビタミンC点滴

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC 12.5gもしくは25gを点滴で注入していきます。(癌治療などで、さらに高濃度をご希望の方は医師とご相談下さい。)癌の予防効果としては、月1回~2回の25gの高濃度ビタミンC点滴がお勧めです。


② クールビタミントリートメント

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC、ビタミンA、抗酸化物質(ビタミンEなど)を直接肌に塗るより約4倍の浸透力があるイオン導入でお肌に直接入れて行きます。点滴や内服でビタミンCを摂取しても、先に体の必要なところに使われてしまいますので、肌に行くのは1番最後になります。そのため美肌を目指すなら、お肌にも直接入れて頂くようにお勧めします。


③ サプリメント(リポソーム・ビタミンC)

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC 180mgを口から摂取しますと、80~90%は吸収されますが、1g~5gまで増やすと吸収率は21%まで下がります。また血中ビタミンC濃度は通常のサプリメントでは限界があることがわかっています。
しかし下のグラフのようにリポソーム・ビタミンCは血中濃度をさらに上げることが出来ます。リポソーム・ビタミンCは少量の水または、オレンジジュースなどに入れて飲んでいただくと飲みやすいです。

【リポソームは何故吸収が良いか?】
リポソームとは、リン脂質によってできている超微細な球状のカプセルで、その中に栄養素を閉じこめることで、消化液の影響や酸化から保護することができ、カプセルはすぐに消化管に運ばれ、直ちに小腸から吸収されるからです。


④ サプリメント(ビタミックス)

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミックスはこの時期に最適な水に溶かすタイプのオールインワンのビタミンサプリメントです。
お子様でも飲んでいただけるように、ノンシュガータイプの美味しく飲めるほんのりレモン味となっています。
ビタミンA・B・C、ローズヒップ・水溶性食物繊維も配合しています。


⑤ DRX VCコンセントレート  (ビタミンC15%ローション)

当院のお勧めビタミンC療法

DRX VCコンセントレートはビタミンC濃度15%のビタミンCの外用剤です。ローションタイプとなっています。ビタミンCの外用剤は15%以上でなければ、効果が無いと言われています。ビタミンCの安定性が悪いということで、ビタミンC誘導体として入っている外用剤もありますが、その場合はビタミンCとしての働きは悪くなる可能性があります。VCコンセントレーションはビタミンCそのものを使っているピュアビタミンCを入れ、さらに安定化することに成功しています。是非お試し下さい。

 

Vol.2 なぜ、「しわ」・「たるみ」ってできてしまうんでしょう?

「美しい歳の重ね方をしたね」と、しわやたるみがある顔を見て誉められても、女心はちょっと複雑。本音を言えば、加齢のサインは少ないにこしたことがありませんよね。そこで、今回は「しわ」と「たるみ」ができるそれぞれの原因を追求していきたいと思います。

しわができる原因

しわができる原因

このように、乾燥、紫外線、加齢による表皮や真皮の変化によって肌にしわが刻まれてしまうのです。

しわの種類

しわの種類

たるみができる原因

たるみができる原因

しわ・たるみがあるとこんなに違う!!

しわ・たるみがあるとこんなに違う!!

見た目年齢と、しわ・たるみの多さは比例します。若々しさはしわ・たるみ対策こそが重要です。

自己ケアでできること(しわ・たるみ初期段階に有効)

  1. 日焼けをしないこと
  2. 洗いすぎによる乾燥を防ぐこと
  3. ビタミンA入り化粧品や天然の成長因子がたくさん含まれているプラセンタ入り化粧品を使うこと。

しわ・たるみがなくなると、表情が映えて若く見られます。
しわ・たるみがなくなると、輪郭が引き締まって小顔に。
しわ・たるみがなくなると、鏡を見るのが楽しみになります。

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

「すでに手遅れだから」と諦めは禁物!
老化スピードをゆるめて、一日でも早くしわ・たるみ対策を!当クリニックなら的確な改善方法を提供できます。

 

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

早い人では30代半ばから感じ始める、しわやたるみ。しわやたるみは、なぜ起こるのでしょうか?  しわやたるみと一言で言いますが、実はしわとたるみは出来る仕組みが違うので、わけて考えなくてはいけません。

しわの出来るしくみ

しわの出来るしくみ

しわの起こるしくみは、実は80%は紫外線によるものと言われています。有名な海外の論文からの写真(※1)です。
28年間トラックの運転手をしていて、左顔面だけ常に紫外線に暴露されていました。
紫外線による影響はシミだけではないということが解りますよね。
対策は、まずは日焼けをしないということです。肌にとっては日傘や帽子で紫外線よけをして頂きたいですが、小さいお子様がいる方や車を運転する場合はそういうわけにはいかないので、日焼け止めをしっかり塗りましょうね。

※1(N Engl J Med 2012; 366:e25April 19, 2012DOI: 10.1056/NEJMicm1104059)

ラ ロッシュ ポゼ

日焼け止めクリームでお勧め商品は… 『ラ ロッシュ ポゼ』です。
『ラ ロッシュ ポゼ』のいいところは紫外線A波を防御する力が凄いところです。
皆様が日焼け止めを購入するときに一番気にするところはSPFだけですか?
実はPAと書いているところにも注目して欲しいです。
SPFは紫外線B波を防ぐ指標、PAは紫外線A波を防ぐ指標です。
紫外線B波は皮膚のより浅いところまでしか届かないので、紫外線B波による障害はメラニンが代謝されずに残ってしまったシミということになるでしょう。しかし紫外線A波は皮膚のより深いところまで届きコラーゲン、エラスチンなどを作る線維芽細胞を障害するため、しわの原因となってしまいます。この 『ラ ロッシュ ポゼ』はあえて紫外線A波にも着目し、しっかり防御してくれる製品です。
日本の日焼け止めの中でもおそらく最高レベルの紫外線A波の防御をしてくれる商品です。
当院のホームページのオンラインショップからも購入出来ますので、是非お試し下さいね。

しわの治療法

①コンビネーションレーザー治療(高周波による)(後述『たるみ編』の治療法参照)

熱のレーザーを入れることにより、皮膚を引き締め、コラーゲンを増やします。

②PRP療法

ご自身の血液から血小板成分を取り出し、注射器で注入していきます。血小板成分には傷を治す力があり、同様に肌を再生する力があります。特にちりめんじわなどに大変効果があります。

③ダーマローラ+イオン導入によるビタミンAの導入

ダーマローラ

肌に機械で無数に穴をあけ、高濃度のビタミンAをイオン導入していきます。ビタミンAは若返りのビタミン剤と言われており、皮膚のターンオーバーを活発にします。肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。
皮膚の一番下の基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、角質層となり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。
赤ちゃんの肌がなぜ、あんなにプルプルなのかと言うと、ターンオーバーが早いからです。年を取るにつれて、ターンオーバーが遅くなります。ビタミンAはこのターンオーバーを早めてくれるので、若返りのビタミン剤と呼ばれています。
これを穴が開いた皮膚に直接入れて行くので、肌が再生されるというわけです。

たるみの出来るしくみ

上記『しわ編』のトラック運転手の写真のように紫外線でも多少のたるみは生じますが、大きな原因は皮下にある脂肪の塊が下に落ちることと、皮膚と顔の骨をつないでいるリガメント(線状の組織)がゆるむことにより起こります。

スティーブン・タイラー

エアロスミスのスティーブン・タイラーは皆様もご存知ですね?私も大ファンです。増々、渋みを増して輝いているのは事実ですが、良くも悪くもシワやたるみは出てきているのは事実です。

←スティーブン・タイラーの参考画像を引用すると、深いところにある脂肪の塊が年齢とともに下がり、目の下のくまの原因やほうれい線の原因になります。

たるみの治療法

①コンビネーションレーザー治療(高周波による)・・・3種類のレーザーを使用しています。

①コンビネーションレーザー治療

②ヒアルロン酸リフト・・・ヒアルロン酸を注入することで、たるみを持ち上げる治療です。

②ヒアルロン酸リフト②ヒアルロン酸リフト


③溶ける糸による治療

ⅰ)ウルトラVリフト:溶ける糸を使用して治療致します。溶ける糸を60本か120本格子上にお顔に入れていき、たるまないように固定するイメージです。

ⅰ)ウルトラVリフトⅰ)ウルトラVリフト


ⅱ)Jリフト:棘つき溶ける糸で引き上げながら糸を挿入し、固定していきます。数ある棘付糸(n-cog,ミントリフトなどと言われている)の中でも、太く丈夫な作りとなっております。従来の糸で満足できなかった日本の形成外科医が、開発した糸なのでJapanのJを取ってJリフトと名付けました。

ⅱ)Jリフトⅱ)Jリフト


ⅲ)3Dリフト:糸にコーンが付いています。ヨーロッパで大人気の施術です。特にゴルゴラインのたるみにお勧めです。

3Dリフト 3Dリフト

ご自宅でのケアでお勧めなもの

ご自宅でのケアでお勧めなもの

ビタミンAがお勧めです。ビタミンAは若返りのビタミンと呼ばれ、肌を赤ちゃんの頃のようにプルプルの肌に再生してくれます。赤ちゃんの肌がなぜあんなに張りがありプルプルしているかというと肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発だからです。

ビタミンAは肌のターンオーバーを活発にし、皮膚を厚くする力があります。年齢を重ねると、皮膚がどんどん薄くなり、ターンオーバーも遅くなります。
ビタミンAは新陳代謝を活発にしてくれる、若返りのビタミンです。
是非直接肌に塗って頂いて、ビタミンAを補充して下さいね。
当院ではエンビロンという基礎化粧品のシリーズを扱っています。エンビロンは南アフリカ共和国の形成外科医が作った化粧品シリーズでビタミンAを肌に入れる目的で作られています。是非、お試し下さいね。

 

Vol.3 自分の「肥満型」と「体脂肪の種類」を知りましょう

世間にはさまざまなダイエット情報があふれていますが、知人が成功した方法なのに、いざ自分でやってみると効果が感じられないということはありませんか?人それぞれの体質や生活、太り方によってそれらに合わせた方法を見つける事がダイエットの成功の鍵となります。

1、 脂肪のつく位置から見る肥満型とは?

肥満は、カラダのどの部分に脂肪がつくかによって2つのタイプがあります。つまり下半身を中心に脂肪がつく「洋ナシ型肥満」と、上半身から腹部にかけて脂肪がつく「リンゴ型肥満」です。

洋ナシ型肥満


正式には「皮下脂肪型肥満」。下腹部、腰のまわり、太もも、おしりの皮下に脂肪が蓄積するタイプ。一度つくとなかなか減らせないのですが、合併症を併発する可能性は少ないので「良性肥満」に分類されます。


リンゴ型肥満


正式には「内臓脂肪型肥満」。お腹の皮が薄く、内臓脂肪が多くつくタイプ。一見太って見えないので見えないので肥満に気づきにくいことがあります。内臓脂肪が蓄積されすぎると動脈硬化や脳卒中の合併症を引き起こすため「悪性肥満」に分類されます。


2、体脂肪の種類を知りましょう

「つまめる」脂肪は皮下脂肪

皮下脂肪
皮膚のすぐ下の内側にある脂肪のこと。見た目にわかりやすく、男性よりも女性の方が多くつきます。乳房も皮下脂肪です。体温を保ったり、エネルギーを蓄積する役割があります。

内臓脂肪
お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につく脂肪のこと。過剰に蓄積すると生活習慣病や動脈硬化、脳卒中の原因ともなります。女性よりも男性に蓄積しやすい、加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。

3、内臓脂肪の有無をセルフチェック!

目で見ても蓄積しているのがわかりづらい内臓脂肪。
では、どのようにチェックするのでしょうか?

ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5以上だと内臓脂肪型肥満の可能性が高い
(虎の門病院と独協医大のチームによる)

また、腹部CT検査で断面像を撮影し、
内臓脂肪面積が100cm2以上あれば「内臓脂肪型肥満」と判定されます。

4、中性脂肪は体脂肪の「モト」

「体脂肪」とは、皮下脂肪や内臓脂肪など体内にあるすべての脂肪をさす呼び方です。 「中性脂肪」はこの体脂肪の「モト」と言える組織で、中性脂肪が蓄積されることにより体脂肪になってしまうのです。
専門的には「トリグリセライド」といい、グリセロールと脂肪酸が3つ結びついてできており、食品の油脂はほとんど中性脂肪に属しています。脂肪細胞の中に蓄えられていて、必要に応じて脂肪酸となりエネルギーとして利用されますが、溜めこみ過ぎた中性脂肪は、エネルギーに変換されずに善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす原因になります。

バウンドに悩む方も多いでしょう脂肪の種類、自身の体質のタイプがわかりましたね。
我流で行うことが難しく、リバウンドに悩む方も多いでしょう。
ここからは、即効性も合わせて希望していただき
クリニックでの医療痩身をご相談下さい。

夏までに痩せたい場合は、春から準備をしましょう!

洋ナシ(皮下脂肪)型肥満の方にはこちら!


クールスカルプティング

クールスカルプティング当院、大人気な施術がクールスカルプティングです。

クールスカルプティングとはアメリカのFDA(日本に厚生労働局にあたる)が認可した痩身の機械です。ハーバード大学の内科医師の免許を持った科学者達が開発しました。
外科手術では無いので、ダウンタイムがありません。
医学的に証明され特許を有しています。
原理はアプリケーターが掃除機のようになっていて、皮膚と皮下脂肪を吸引しその部分を4度に冷却することにより、肌に影響を与えず、脂肪細胞を選択的に細胞死させ、部分痩せが可能です。
但し、細胞死した脂肪が排出されるまで2ヶ月から3ヶ月はかかりますので、早めの準備が必要です。


クールスカルプティング


リンゴ(内臓脂肪)型肥満はこちら!


インディバ

減らしたいのが皮下脂肪ではなく、内臓脂肪の場合どうするか?ですが、インディバがお勧めです。
インディバは、電気メス(高周波)と同レベルの周波数(中波)を利用した誘電加温型温熱機器で、容易に局所的に深部加温が得られる特徴があります。
開発当初、スペインの物理医学博士【ホセ・カルベット】氏により、ガン治療に対する治療法としてインディバが誕生しました。インディバは、カラダの深部まで容量の多い電磁波エネルギーを浸透させ、人体の様々な組織に安全なレベルのジュール熱(=体内で発生する熱)を発生させることが出来ます。
美容・医療分野で広く認められ、医療機関以外にも、美容家電や家庭用治療器などに多く応用されています。
高周波エネルギーで細胞レベルから活性化させ、美肌効果をはじめ痩身効果(特に内臓脂肪に効果的です)、セルライトの除去まで、美容や健康に関し、あらゆるお悩みに対応する先進の美容医療機器です。

インディバインディバ


インディバインディバ


メソセラピー

メソセラピー脂肪を溶解すると言われているフォスファチジルコリンやデオキシコール酸が入っている薬剤を直接脂肪層に注射することにより、部分痩せを促進します。近年デオキシコール酸が入った「カイベラ」という薬剤がアメリカFDAで2重顎治療薬として認められています。当院もデオキシコール酸が入った薬剤を勧めております。

食事療法

食事療法によるダイエットでお勧めなのが、「糖質制限・適正タンパク食」ダイエットです。
痩せたいがために何も考えず食事を減らしている患者さまがおられますが、無理なダイエットをしていると、肌荒れの原因にもなりますし、将来妊娠出産を考えている方がそういうことをされると不妊の原因にもなりかねません。無理な食事制限は続かないので、辞めてからのリバウンドも心配です。そこで、継続でき健康的になる食事療法を当院ではお話しています。それが「糖質制限・適正タンパク食」ダイエットです。糖質の取りすぎが体を疲れやすくし、老化を早め、痩せにくい体質を作っています。糖質=甘いものだけではありません。実は白米、ビールも多くの糖質を含んでいます。

また、お肉を食べると太ると思っていませんか?
ダイエットをする場合は、むしろお肉お魚しっかり取らなければいけません。お肉お魚は筋肉の材料になりますので、ダイエットするには欠かせない食べ物となります。ダイエットは脂肪を減らして、筋肉は増やすもしくは維持しなければいけませんので、筋肉の材料となるお肉お魚は減らしてはいけないことわかりますよね?

ダイエットサプリメント

当院では初めに食事療法の話をさせて頂き、それでも体重が思うように減らない場合はサプリメントをお勧めしています。
MAダイエット:当院オリジナルのダイエットサプリメントです。痩せやすい体質を作りつつ、ダイエット時に不足しがちな栄養素も補えます。

BBX BBX:タイのFDAが認可したサプリメントです。
全細胞のATP 量のバランスを維持し空腹感をコントロールします。
脂肪を燃焼させATP を産生し、体重を減少させます。
また、デンプン消化酵素を阻害する白インゲン豆抽出物、糖および脂肪の消化酵素を阻害する海藻抽出物 、脂肪と結合し吸収を阻害するオプンティア・フィカス・インディカ抽出物により摂取カロリーを約50%カットします。小麦胚芽粉末が毒素の排泄を促します。

XLS Medical XLS Medical:天然素材を用いた体に優しいダイエットサプリメントです。
患者さまの症状に合わせて、3種類ご用意しております。
脂っこい食べ物が辞められない患者様には‘Fat Binder’、炭水化物が辞められない患者様には‘Carb Blocker’、過食に悩む患者様には‘Appetite Reducer’をご用意しております。
個々の患者様に合ったサプリメントをご提供させて頂いております。

 

Vol.4 シミ治療特集

シミ対策は年中無休です。日常生活に潜む紫外線の危険

ここ数年は暖かくなると日傘を差して紫外線から身を守る女性が増えてきましたが、果たしてこれで解決するのでしょうか?
紫外線はシミだけではなくたるみまで引き起こす要因なのですが、実は、外出時だけの対策では光老化を防いだことにはならないのです。

シミは作らない!!がベスト

紫外線は3月から増加し、5月~8月にはピークに達します。
日焼け対策は夏のイメージが強いですが、実は年間を通して紫外線対策は必要です。
外出時はもちろん、室内も安全ではありません。


様々なシーンで紫外線を浴びています。

【ご存知ですか?スマホ焼け】
気が付くと触っているスマートフォン。そのスマートフォンから放出されるブルーライトも、紫外線と同じく皮膚に影響があり、強力に色素沈着を起こす可能性があるのです。ブルーライトは即時的に変色を起こし、3週間以内には色素沈着を引き起こします。これをスマホ焼けといい近年少しづつ浸透しています。


紫外線予防の基本は日焼け止め

日焼け止めを利用される方は多く、ご購入時にはSPF(=日焼け止め化粧品の効果の程度を示す表示です。)の数値を確認されると思います。
この数値が高いほどお肌を守ってはくれるのですが、クリームが固くて皮膚にツッパリ感を感じられる方もいると思います。落とす際も白く残ったり、簡単にきれいには落とせません。

新しく発売された日焼け止めは、クリームではなくジェル状なので柔らかく、お肌になじみやすい使用感で紫外線だけでなく、ブルーライト=スマホ焼けにも対応できるのです!!
➡詳しくはクリニックにお問い合わせください。

シミの種類を知りましょう。

出来てしまったシミは、濃くなってしまう前に
早めの施術・ケアが必要です。シミの種類で方法が
変わるので安易に判断せず、まずはご相談ください。

院長・谷川が声を大にして言いたいこと、【美容通信】は院内配布限定だからこそココまで言います。

これから紫外線が強くなる季節です。
紫外線は全ての老化の原因です。


これから紫外線が強くなる季節です。紫外線対策は万全ですか?
実は紫外線は全ての老化の原因と言っても過言ではないのです。

紫外線は大きく分けてA波とB波があります。A波は波長が長いため皮膚のより深い所に届きます。そのため肌の弾性を保つコラーゲン、エラスチンを作る線維芽細胞にダメージを与え、シワやたるみの原因となります。また、B波は波長が短いため皮膚の浅いところに届き、メラノサイトという細胞を活性化刺激し、シミの原因物質となるメラニンを生成させます。(図1)

美容的にも紫外線はよくありませんが、紫外線を浴びすぎると皮膚癌の原因にもなることはもちろんご存知ですよね?

当院では皮膚癌の保険診療もしておりますので、右記(図2)のように思いあたる病変がある場合は、是非ご相談くださいね。


さて、紫外線を防ぐには日焼け止めが欠かせませんが、日焼け止めも上手に選ばなければ、肌に負担を増やしてしまいます。日焼け止めを使って、かえって肌荒れをされた方も多くいらっしゃるかと思います。

今回ご紹介する日焼け止め『レイドラテラポー ジェントルUVジェル』は、なんと洗浄剤を使わなくても水で落とせますし、新生児から使えますので、超敏感肌の方にもお使い頂けます。
9つフリーをうたっています。界面活性剤、シリコン、油分、パラベン、フェノキシエタノール、エタノール、鉱物油、香料、着色料 フリーです。


従来の日焼け止めは、日焼け止め成分として「酸化チタン」「酸化亜鉛」等ケミカル成分が配合されており、それをシリコンコーティングして白浮きを防いでいますが、粗悪なシリコンコーティングの場合は活性酸素を発生する可能性があり、肌の老化を逆に進める結果になる場合もあります。また酸化チタンと酸化亜鉛は油にしか溶けない油溶性のため、界面活性剤を使用しています。(図3)

レイドラテラポー ジェントルUVジェルは「ノンケミカル」「ノンシリコン」による安全性を極めた日焼け止めとなっています。レイドラテラポー ジェントルUVジェルの日焼け止め成分は酸化セリウムで、実はなんとブルーライトも防ぐ効果があります。酸化セリウムを白金(プラチナ)コーティングすることにより活性酸素の発生を防いでいます。

更に今話題のダチョウの卵から作ったメラニ抗体と黄色ブドウ球菌抗体が入っていますので、美白効果、かゆみや炎症を引き起こす原因菌である黄色ブドウ球菌を吸着不活性化し、痒みや炎症を防ぐことが出来ます。 是非お試し下さい。



さて、それでも紫外線により出来てしまったシミはどうされますか?
当院、お勧め治療でリピート率No.1の施術は「レーザートーニング」です。
レーザートーニングの素晴らしいことは、ダウンタイムが短く、何事もなかったようにお化粧して帰れますし、顔の産毛の脱色も出来ますので、当日より美肌効果が実感して頂けます。


治療時間は10分程度です。初回は週1回の治療を10回程度お勧めしております。
シミの種類によってはシミの外用剤とシミの内服を併用して頂くこともあります。
ご興味がある方は是非お問い合わせ下さい。

 

Vol.5 シミ治療特集

「洗顔」と「食事」を見直してシミを悪化させない生活を

季節は秋へと移り、夏に浴びた紫外線のダメージがお肌に残っています。しっかりケアしていても、新しいシミが出来たり、種類によっては誤ったケアで悪化させてしまったり・・・・日々の習慣になっている洗顔、
実は間違っていたりしませんか?当院では、スキンケアの基礎となる洗顔を大切にとらえ、患者様に正しい洗顔方法を指導しております。

正しい洗顔とは?

朝の洗顔は、寝ている間に皮脂が出ているだけで特に汚れは無いため、ぬるま湯で余分な皮脂を取る程度で十分です。

夜の洗顔では、1日外気にさらされて汚れたお肌をお湯などでゆっくりなじませ、低刺激の石鹸をよく泡立ててこすらずに泡でやさしく洗います。その後、お肌が乾燥しないよう保湿はしっかりしてください。

日焼けはもちろんですが摩擦によって、シミが生じたり濃くなったりすることもありますので、出来る限り優しく洗ってください。(当院で洗顔指導を受けていただくことも可能です。)


シミに効く食べ物・飲み物

1日に3回訪れる食事は、大切な美白への要素となります。
抗酸化パワーが強力でメラニン生成を抑えるリコピンが豊富に含まれる【トマト】、ビタミンCを含有し抗酸化によい【緑茶(煎茶)】、アミノ酸・ビタミン類をバランスよく含んだ発酵食品である【味噌】・【漬物】。これらを意識して摂るようにしましょう。


食べ物での摂取だけでは限界を感じるときはサプリメントもオススメ。実は院長もこれだけ飲んでいます。


シミの種類は多種多様だからこそ、ご相談ください。

前号でご紹介させて頂きました、レーザートーニング!大人気です。
今回はさらに症状によっては保険診療適応の「Qスイッチルビーレーザー」
と、肌トーンがアップする「フォトフェイシャル」を中面でご案内します。


院長・谷川が声を大にして言いたいこと、【美容通信】は院内配布限定だからこそココまで言います。

前号は当院リピート率No.1の施術レーザートーニングのお話を
させて頂きましたが、今回は同じくシミ治療に使われる
Qスイッチルビーレーザーフォトフェイシャルのお話をさせて頂きます。


Qスイッチルビーレーザーの歴史は古く、ルビーレーザーは世界で最初に発振された波長です。1980年代から日本でも開発、販売されています。生まれつきのあざの治療に早くから使われています。

上記あざは、保険治療が出来ますのでお問い合わせ下さい。

シミの治療にも大変有効で、特に深在性のシミ(後天性真皮メラノサイトーシス)にも治療効果が高いです。ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は頬にあることが多く、左右対称で青みがかった茶褐色が特徴です。皮膚の深いところにシミの原因となるメラニンがあるので、強いレーザーしか効果がありません。

また、一般のシミにももちろん有効です。特にダウンタイムの少ないレーザートーニングやフォトフェイシャルでも取れなかったシミにも有効なので、頑固なシミに悩まれている方は一度ご相談下さい。

但し、とても強いレーザーですのでダウンタイムは長く、上記のようにかさぶたが形成されるので、2週間は薬と照射部位に絆創膏を貼って頂かなくてはいけません。また施術された方の20~30%の方に照射後の色素沈着が生じますので、一度ご相談下さい。

(※ダウンタイム:施術してから回復するまでの期間のことをいう。美容整形の治療では、麻酔による腫れや手術に伴う腫れ、むくみ、アザなどができやすく、日常活動が制限されることがある。同程度の後遺症でも、職業や本人の意識によって回復期間には違いがあるが、手術前の生活を取り戻せるまでの時間のことをいう。)

光治療のことを言います。光を強くして(フラッシュランプにして)、照射することにより、シミや赤ら顔の治療に使います。
シミ、そばかすに良く反応し、ダウンタイム無しで帰宅出来るのも嬉しいですね。当院では特に赤ら顔の治療に良い結果が出ています。


 

Vol.6 レーザー脱毛最前線

 

院長・谷川が声を大にして言いたいこと、【美容通信】は院内配布限定だからこそココまで言います。

美容医療最前線の話を皆様にお届けしようと始めた美容通信も、vol.6まで続いています。
今回はレーザー脱毛最前線の情報をお話させて頂きます。最後までお付き合い下さい。


エステやサロンの方が安く、通いやすいイメージがあるかもしれませんが、デメリットもあります。
出力が低く、効果が出るまでに時間がかかることがあり、またサロンやエステでは永久脱毛が出来ません。
医療従事者でないため、肌にトラブルが起こった場合、対処ができません。

それでは自己処理ではどのようなデメリットがあるでしょうか?
自己処理にも種類がありますが、それぞれのデメリットを説明します。

抜毛の場合 ・痛みがある
・手間がかかる
・炎症・化膿の恐れがある。
・毛穴が広がる
剃毛の場合 ・度々行わなくてはならない。
・切り口が太くなる
 (濃くなったように見える)
・皮膚の角質層が痛むこともあり、
程度がひどい場合はかみそり負けを
することがある。
ケミカルリムーバル
(脱毛クリーム)や
脱色クリームの場合
・皮膚に刺激を与える。
・接触性皮膚炎を起こすことがある。

レーザー脱毛の歴史

シミやあざの治療ができるレーザー(つまり黒色に反応するレーザー)が出てきましたが、特に東洋人の毛は黒いので、黒に反応するレーザーを使えば、毛も反応して脱毛出来るのではというところから始まりました。毛根が黒いので、そこにレーザーを照射すると、毛根がレーザーにより反応し、熱が発生し、毛根にある毛を作る細胞(毛母細胞)が破壊されるというのが永久脱毛の仕組みです。

その後、しみ治療で光治療(フォトフェイシャル、フラッシュランプ)が出てきて、ダウンタイムがないとのことで大人気を博します。光治療も同じように黒に反応するので、毛母細胞を破壊し永久脱毛が出来ることが判明し、光脱毛の時代が到来しました。この到来を助けたのが、現在も多くの問題を抱えていますが、エステの光脱毛が解禁されたためです。
あるレーザー会社が出力を下げて、エステに売り始めたことから始まりました。エステで永久脱毛できる!ということで爆発的にエステ脱毛の時代に突入しました。また、エステはクリニックや医院と違い、広告規制がないので宣伝し放題となりました。

実は、エステでは毛根を破壊するような行為は出来ません。人の体に傷をつけて、法律で罰せられないのは医師と看護師だけです。メスで手術する、注射を刺すという行為を一般の人がすれば犯罪です。人の体を故意に傷つけるというのは日本の法律では罰せられます。
エステで永久的に毛根を破壊する行為は罰せられます。レーザー会社もそういう理由で出力を下げたものしかエステには販売できないということで、効果が出なかったり、逆に効果が出るほど脱毛が出来ると違法!ということになります。従って、エステでは永久脱毛は出来ません。


医療界に新しい脱毛の時代到来!!

さて、医療界でも新しい脱毛の時代が到来しました。蓄熱脱毛の登場です! 当院でも導入致しました。

この蓄熱脱毛は今までの脱毛の概念を変えました。
1回1回の出力を上げずに、逆に下げてその代わりに連射することにより、熱だまりをつくり、毛根というよりバルジ領域を破壊することにより、脱毛が出来るという概念です。
バルジとは幹細胞(細胞を作る働きをする)の一種で、毛の生成に重要な細胞を作り出す働きをする領域です。
バルジ領域から作り出される発毛因子が毛母細胞となり、
毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛が生成されているのです。

この蓄熱脱毛レーザーが登場してから、色黒の方もレーザー脱毛ができるようになりました。 従来のレーザーでは黒人の方はレーザー脱毛が出来なかったのですが、蓄熱脱毛機では黒人の方もレーザー脱毛ができるようになりました。

また当院導入の蓄熱脱毛機は照射面が他の機器(ソプラノアイスなど)と比較し大きいので、短時間でのレーザー脱毛が可能になりました。以前当院で全身脱毛は従来の機械を使う場合4時間かかっていましたが、メディオスターは80分で可能となりました。
また従来の脱毛機と比較して、痛みがほとんどないのも特徴です。それによりお子様の脱毛も可能となりました。

皆さん、是非当院の最新脱毛機をお試し下さいね!


丁寧なカウンセリングが好評です。

忙しい女性の為に、施術時間は短く効果がある、
お肌に優しい脱毛のご提案をします。

女性スタッフによる対応で
安心・気兼ねなく何でもご相談いただけます。

アフターケアも行っております。

→次世代医療脱毛機「メディオスターNeXT」はこちら

脱毛のお悩みは当院へご相談ください。

当院では、院長自らがまず体感し、エステでは「満足できなかった」
「思うような効果が出なかった」方々へ満足度の高い脱毛をお届け、ご提案いたします。
中面では自己処理やエステ脱毛と医療レーザーとの違いを説明いたします。


ページトップへ