tel 06-6244-3500
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-13-15三栄心斎橋ビル6F
  1. 大阪の美容皮膚科・美容外科 MAクリニック心斎橋トップ
  2. ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングが人気の理由

ケミカルピーリングでは、フルーツ酸をはじめとしたピーリング剤を使って古い角質や古い角栓を溶かし出す美容施術です。
もともと欧米で人気を集めた施術で、近年では日本人のお肌に適したピーリング剤が開発され、日本でも大きな注目を集めています。
角質層の不要物を剥がして新陳代謝を高め、ターンオーバーの滞ったお肌も美しい状態へ導きます。
ターンオーバー促進を目的としたピーリング剤はドラッグストアでも販売されていますが、当院のが使用するピーリング剤は市販のものとは品質が違います。
より強力なピーリング剤でつまった角栓を溶かしだしたり、同時にお肌への負担を抑えたりと、市販のピーリング剤にはないケミカルピーリングならではの魅力が実感できるでしょう。
できてしまったニキビには一般的なピーリングの刺激が強すぎる場合もありますが、事前にカウンセリングをした上で最適な施術を検討しますので心配いりません。
一人ひとりの状態に合わせ、安全かつ効果的なケミカルピーリングをご提案します。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングでは、ピーリング剤によって古い角質や老廃物を排出することで、ハリツヤのあるきめ細やかなお肌へ導きます。
さらに、ニキビ、そばかす、シミや小じわなどの肌トラブルの改善・予防にもつながります。
深く刻まれたしわや大きなシミには一度の施術では効果が感じづらいかもしれませんが、複数回治療することによって次第に効果が高まっていきます。
また、角質や角栓が除去されることによって、スキンケアアイテムがお肌にしっかりと浸透するようになることもケミカルピーリングの特徴です。
メイクのノリがよくなることから、いつもと同じコスメを使ってもきれいな仕上がりに見えるようになるでしょう。
くすんで見えるお肌もトーンアップしてくれるため、美白効果もアップします。
効果を高めるためには2~4週間に1回ほどの間隔で、複数回施術を行います。
お肌の状態が本来のものに戻ってきたら回数を徐々に減らしていきますので、効果が薄れてきたからと言って諦めず、繰り返し治療を重ねましょう。

ケミカルピーリングの痛み

ケミカルピーリングそのものの痛みはほとんどありませんが、敏感肌の人は影響を感じやすい傾向にあります。
事前のカウンセリングでお肌の状態を確認し、ケア方法とあわせて指導しますので、不安な場合にはご相談ください。
具体的な影響として、ヒリヒリとしたような痛みやかゆみが出たり、お肌が赤くなったり、重症化すると水ぶくれやかさぶたができる可能性もあります。
しかしほとんどの場合、こうした痛みや赤みは施術後2~3日すれば引いていきます。
はじめのうちは特に違和感を覚えやすいかもしれませんが、繰り返し治療するたびにお肌も馴染み、気にならなくなっていきます。
ただし、ケミカルピーリングそのものの痛みがないからと言って、アフターケアをおこなわないのは危険です。
施術後のお肌は、紫外線からお肌を守る角質層が剥がれ、バリア機能が失われた非常に敏感な状態になっています。
必ず日焼け止めを塗り、敏感なお肌に日差しを受けないよう気をつけましょう。

治療別メニュー

症状別メニュー

  • MAクリニック心斎橋 院長のブログ
  • MAクリニック心斎橋 スタッフブログ
  • クールスカルプティング
  • 粉瘤手術
  • MAクリニック心斎橋 コラム「美容通信」
  • MAクリニック心斎橋 メディア情報
  • MAクリニック心斎橋 求人情報
  • VIO医療レーザー脱毛
  • 無料オンライン(お問い合わせメール) カウンセリング
  • 予約キャンセル
  • エンビロンのログイン
  • エンビロンのお申し込み
  • MA CLINIC ONLINE SHOP
  • 未成年同意書
  • VISTA-Shape
  • 無料保育園完備
ページトップへ