tel 06-6244-3500
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-13-15三栄心斎橋ビル6F
  1. 大阪の美容皮膚科・美容外科 MAクリニック心斎橋トップ
  2. 美容通信

美容通信

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに!!
ご自身では摂りきれないビタミンCも、
クリニックのケアでサポート致します。

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

院長・谷川が声を大にして言いたいこと、【美容通信】は院内配布限定だからこそココまで言います。

夏の日焼け後対策にお勧めなのが、
高濃度ビタミンC点滴
クールビタミントリートメント(イオン導入)ですよ!

当院は点滴療法会に所属しており、高濃度ビタミンC点滴を安心・安全に治療して頂けます。

ビタミンC

人類はビタミンCを合成する能力を失ってしまいました。 ちなみに犬は体内で成合出来ます。 従って、しっかり取らないと容易にビタミンC不足となります。 まず美肌の元“コラーゲン”はタンパク質と鉄とビタミンCで出来ています。材料が無くなり、コラーゲンが作られなくなると細胞と細胞が離れやすくなってしまいます。 例えば、血管に隙間が出来ますと、血がにじみやすくなります。また骨はその半分がコラーゲンなので、折れやすくなってしまいます。これが長期間続いて体のあちこちから血が出て、骨がもろくなり、内臓が壊れる。これがいわゆる壊血病です。

ビタミンCは1日にどれぐらい必要?

当院のお勧めビタミンC療法

2~5gは必要と言われています。癌患者さまや病気の方は10g必要と言われています。

ノーベル賞を2回受賞したライナス・ポーリング博士の研究によると、「末期進行がんの患者(200人)に点滴とサプリメントでビタミンCを投与すると、生存期間が4.2から6倍延長する」と言われています。
高濃度のビタミンCは選択的にガン細胞を殺す!と言われています。
また防衛医科大学の論文によると、強い放射線に被曝(ひばく)した後にビタミンCを大量投与すると、急性放射線障害が軽減されることをマウスの実験で確かめたとされています。
実際、原子力発電所の事故で自衛隊が派遣された時には、自衛隊員はビタミンCを投与していったと聞いています。
ビタミンCはアンチエイジングだけでなく、傷んだ体も修復します。

当院のお勧めビタミンC療法

① 高濃度ビタミンC点滴

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC 12.5gもしくは25gを点滴で注入していきます。(癌治療などで、さらに高濃度をご希望の方は医師とご相談下さい。)癌の予防効果としては、月1回~2回の25gの高濃度ビタミンC点滴がお勧めです。


② クールビタミントリートメント

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC、ビタミンA、抗酸化物質(ビタミンEなど)を直接肌に塗るより約4倍の浸透力があるイオン導入でお肌に直接入れて行きます。点滴や内服でビタミンCを摂取しても、先に体の必要なところに使われてしまいますので、肌に行くのは1番最後になります。そのため美肌を目指すなら、お肌にも直接入れて頂くようにお勧めします。


③ サプリメント(リポソーム・ビタミンC)

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミンC 180mgを口から摂取しますと、80~90%は吸収されますが、1g~5gまで増やすと吸収率は21%まで下がります。また血中ビタミンC濃度は通常のサプリメントでは限界があることがわかっています。
しかし下のグラフのようにリポソーム・ビタミンCは血中濃度をさらに上げることが出来ます。リポソーム・ビタミンCは少量の水または、オレンジジュースなどに入れて飲んでいただくと飲みやすいです。

【リポソームは何故吸収が良いか?】
リポソームとは、リン脂質によってできている超微細な球状のカプセルで、その中に栄養素を閉じこめることで、消化液の影響や酸化から保護することができ、カプセルはすぐに消化管に運ばれ、直ちに小腸から吸収されるからです。


④ サプリメント(ビタミックス)

当院のお勧めビタミンC療法

ビタミックスはこの時期に最適な水に溶かすタイプのオールインワンのビタミンサプリメントです。
お子様でも飲んでいただけるように、ノンシュガータイプの美味しく飲めるほんのりレモン味となっています。
ビタミンA・B・C、ローズヒップ・水溶性食物繊維も配合しています。


⑤ DRX VCコンセントレート  (ビタミンC15%ローション)

当院のお勧めビタミンC療法

DRX VCコンセントレートはビタミンC濃度15%のビタミンCの外用剤です。ローションタイプとなっています。ビタミンCの外用剤は15%以上でなければ、効果が無いと言われています。ビタミンCの安定性が悪いということで、ビタミンC誘導体として入っている外用剤もありますが、その場合はビタミンCとしての働きは悪くなる可能性があります。VCコンセントレーションはビタミンCそのものを使っているピュアビタミンCを入れ、さらに安定化することに成功しています。是非お試し下さい。

 

Vol.2 なぜ、「しわ」・「たるみ」ってできてしまうんでしょう?

「美しい歳の重ね方をしたね」と、しわやたるみがある顔を見て誉められても、女心はちょっと複雑。本音を言えば、加齢のサインは少ないにこしたことがありませんよね。そこで、今回は「しわ」と「たるみ」ができるそれぞれの原因を追求していきたいと思います。

しわができる原因

しわができる原因

このように、乾燥、紫外線、加齢による表皮や真皮の変化によって肌にしわが刻まれてしまうのです。

しわの種類

しわの種類

たるみができる原因

たるみができる原因

しわ・たるみがあるとこんなに違う!!

しわ・たるみがあるとこんなに違う!!

見た目年齢と、しわ・たるみの多さは比例します。若々しさはしわ・たるみ対策こそが重要です。

自己ケアでできること(しわ・たるみ初期段階に有効)

  1. 日焼けをしないこと
  2. 洗いすぎによる乾燥を防ぐこと
  3. ビタミンA入り化粧品や天然の成長因子がたくさん含まれているプラセンタ入り化粧品を使うこと。

しわ・たるみがなくなると、表情が映えて若く見られます。
しわ・たるみがなくなると、輪郭が引き締まって小顔に。
しわ・たるみがなくなると、鏡を見るのが楽しみになります。

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

「すでに手遅れだから」と諦めは禁物!
老化スピードをゆるめて、一日でも早くしわ・たるみ対策を!当クリニックなら的確な改善方法を提供できます。

 

疲れ肌・ダメージ肌のアフターケアは、お早めに

早い人では30代半ばから感じ始める、しわやたるみ。しわやたるみは、なぜ起こるのでしょうか?  しわやたるみと一言で言いますが、実はしわとたるみは出来る仕組みが違うので、わけて考えなくてはいけません。

しわの出来るしくみ

しわの出来るしくみ

しわの起こるしくみは、実は80%は紫外線によるものと言われています。有名な海外の論文からの写真(※1)です。
28年間トラックの運転手をしていて、左顔面だけ常に紫外線に暴露されていました。
紫外線による影響はシミだけではないということが解りますよね。
対策は、まずは日焼けをしないということです。肌にとっては日傘や帽子で紫外線よけをして頂きたいですが、小さいお子様がいる方や車を運転する場合はそういうわけにはいかないので、日焼け止めをしっかり塗りましょうね。

※1(N Engl J Med 2012; 366:e25April 19, 2012DOI: 10.1056/NEJMicm1104059)

ラ ロッシュ ポゼ

日焼け止めクリームでお勧め商品は… 『ラ ロッシュ ポゼ』です。
『ラ ロッシュ ポゼ』のいいところは紫外線A波を防御する力が凄いところです。
皆様が日焼け止めを購入するときに一番気にするところはSPFだけですか?
実はPAと書いているところにも注目して欲しいです。
SPFは紫外線B波を防ぐ指標、PAは紫外線A波を防ぐ指標です。
紫外線B波は皮膚のより浅いところまでしか届かないので、紫外線B波による障害はメラニンが代謝されずに残ってしまったシミということになるでしょう。しかし紫外線A波は皮膚のより深いところまで届きコラーゲン、エラスチンなどを作る線維芽細胞を障害するため、しわの原因となってしまいます。この 『ラ ロッシュ ポゼ』はあえて紫外線A波にも着目し、しっかり防御してくれる製品です。
日本の日焼け止めの中でもおそらく最高レベルの紫外線A波の防御をしてくれる商品です。
当院のホームページのオンラインショップからも購入出来ますので、是非お試し下さいね。

しわの治療法

①コンビネーションレーザー治療(高周波による)(後述『たるみ編』の治療法参照)

熱のレーザーを入れることにより、皮膚を引き締め、コラーゲンを増やします。

②PRP療法

ご自身の血液から血小板成分を取り出し、注射器で注入していきます。血小板成分には傷を治す力があり、同様に肌を再生する力があります。特にちりめんじわなどに大変効果があります。

③ダーマローラ+イオン導入によるビタミンAの導入

ダーマローラ

肌に機械で無数に穴をあけ、高濃度のビタミンAをイオン導入していきます。ビタミンAは若返りのビタミン剤と言われており、皮膚のターンオーバーを活発にします。肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。
皮膚の一番下の基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、角質層となり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。
赤ちゃんの肌がなぜ、あんなにプルプルなのかと言うと、ターンオーバーが早いからです。年を取るにつれて、ターンオーバーが遅くなります。ビタミンAはこのターンオーバーを早めてくれるので、若返りのビタミン剤と呼ばれています。
これを穴が開いた皮膚に直接入れて行くので、肌が再生されるというわけです。

たるみの出来るしくみ

上記『しわ編』のトラック運転手の写真のように紫外線でも多少のたるみは生じますが、大きな原因は皮下にある脂肪の塊が下に落ちることと、皮膚と顔の骨をつないでいるリガメント(線状の組織)がゆるむことにより起こります。

スティーブン・タイラー

エアロスミスのスティーブン・タイラーは皆様もご存知ですね?私も大ファンです。増々、渋みを増して輝いているのは事実ですが、良くも悪くもシワやたるみは出てきているのは事実です。

←スティーブン・タイラーの参考画像を引用すると、深いところにある脂肪の塊が年齢とともに下がり、目の下のくまの原因やほうれい線の原因になります。

たるみの治療法

①コンビネーションレーザー治療(高周波による)・・・3種類のレーザーを使用しています。

①コンビネーションレーザー治療

②ヒアルロン酸リフト・・・ヒアルロン酸を注入することで、たるみを持ち上げる治療です。

②ヒアルロン酸リフト②ヒアルロン酸リフト


③溶ける糸による治療

ⅰ)ウルトラVリフト:溶ける糸を使用して治療致します。溶ける糸を60本か120本格子上にお顔に入れていき、たるまないように固定するイメージです。

ⅰ)ウルトラVリフトⅰ)ウルトラVリフト


ⅱ)Jリフト:棘つき溶ける糸で引き上げながら糸を挿入し、固定していきます。数ある棘付糸(n-cog,ミントリフトなどと言われている)の中でも、太く丈夫な作りとなっております。従来の糸で満足できなかった日本の形成外科医が、開発した糸なのでJapanのJを取ってJリフトと名付けました。

ⅱ)Jリフトⅱ)Jリフト


ⅲ)3Dリフト:糸にコーンが付いています。ヨーロッパで大人気の施術です。特にゴルゴラインのたるみにお勧めです。

3Dリフト 3Dリフト

ご自宅でのケアでお勧めなもの

ご自宅でのケアでお勧めなもの

ビタミンAがお勧めです。ビタミンAは若返りのビタミンと呼ばれ、肌を赤ちゃんの頃のようにプルプルの肌に再生してくれます。赤ちゃんの肌がなぜあんなに張りがありプルプルしているかというと肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発だからです。

ビタミンAは肌のターンオーバーを活発にし、皮膚を厚くする力があります。年齢を重ねると、皮膚がどんどん薄くなり、ターンオーバーも遅くなります。
ビタミンAは新陳代謝を活発にしてくれる、若返りのビタミンです。
是非直接肌に塗って頂いて、ビタミンAを補充して下さいね。
当院ではエンビロンという基礎化粧品のシリーズを扱っています。エンビロンは南アフリカ共和国の形成外科医が作った化粧品シリーズでビタミンAを肌に入れる目的で作られています。是非、お試し下さいね。

 

Vol.3 自分の「肥満型」と「体脂肪の種類」を知りましょう

世間にはさまざまなダイエット情報があふれていますが、知人が成功した方法なのに、いざ自分でやってみると効果が感じられないということはありませんか?人それぞれの体質や生活、太り方によってそれらに合わせた方法を見つける事がダイエットの成功の鍵となります。

1、 脂肪のつく位置から見る肥満型とは?

肥満は、カラダのどの部分に脂肪がつくかによって2つのタイプがあります。つまり下半身を中心に脂肪がつく「洋ナシ型肥満」と、上半身から腹部にかけて脂肪がつく「リンゴ型肥満」です。

洋ナシ型肥満


正式には「皮下脂肪型肥満」。下腹部、腰のまわり、太もも、おしりの皮下に脂肪が蓄積するタイプ。一度つくとなかなか減らせないのですが、合併症を併発する可能性は少ないので「良性肥満」に分類されます。


リンゴ型肥満


正式には「内臓脂肪型肥満」。お腹の皮が薄く、内臓脂肪が多くつくタイプ。一見太って見えないので見えないので肥満に気づきにくいことがあります。内臓脂肪が蓄積されすぎると動脈硬化や脳卒中の合併症を引き起こすため「悪性肥満」に分類されます。


2、体脂肪の種類を知りましょう

「つまめる」脂肪は皮下脂肪

皮下脂肪
皮膚のすぐ下の内側にある脂肪のこと。見た目にわかりやすく、男性よりも女性の方が多くつきます。乳房も皮下脂肪です。体温を保ったり、エネルギーを蓄積する役割があります。

内臓脂肪
お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につく脂肪のこと。過剰に蓄積すると生活習慣病や動脈硬化、脳卒中の原因ともなります。女性よりも男性に蓄積しやすい、加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。

3、内臓脂肪の有無をセルフチェック!

目で見ても蓄積しているのがわかりづらい内臓脂肪。
では、どのようにチェックするのでしょうか?

ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5以上だと内臓脂肪型肥満の可能性が高い
(虎の門病院と独協医大のチームによる)

また、腹部CT検査で断面像を撮影し、
内臓脂肪面積が100cm2以上あれば「内臓脂肪型肥満」と判定されます。

4、中性脂肪は体脂肪の「モト」

「体脂肪」とは、皮下脂肪や内臓脂肪など体内にあるすべての脂肪をさす呼び方です。 「中性脂肪」はこの体脂肪の「モト」と言える組織で、中性脂肪が蓄積されることにより体脂肪になってしまうのです。
専門的には「トリグリセライド」といい、グリセロールと脂肪酸が3つ結びついてできており、食品の油脂はほとんど中性脂肪に属しています。脂肪細胞の中に蓄えられていて、必要に応じて脂肪酸となりエネルギーとして利用されますが、溜めこみ過ぎた中性脂肪は、エネルギーに変換されずに善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす原因になります。

バウンドに悩む方も多いでしょう脂肪の種類、自身の体質のタイプがわかりましたね。
我流で行うことが難しく、リバウンドに悩む方も多いでしょう。
ここからは、即効性も合わせて希望していただき
クリニックでの医療痩身をご相談下さい。

夏までに痩せたい場合は、春から準備をしましょう!

洋ナシ(皮下脂肪)型肥満の方にはこちら!


クールスカルプティング

クールスカルプティング当院、大人気な施術がクールスカルプティングです。

クールスカルプティングとはアメリカのFDA(日本に厚生労働局にあたる)が認可した痩身の機械です。ハーバード大学の内科医師の免許を持った科学者達が開発しました。
外科手術では無いので、ダウンタイムがありません。
医学的に証明され特許を有しています。
原理はアプリケーターが掃除機のようになっていて、皮膚と皮下脂肪を吸引しその部分を4度に冷却することにより、肌に影響を与えず、脂肪細胞を選択的に細胞死させ、部分痩せが可能です。
但し、細胞死した脂肪が排出されるまで2ヶ月から3ヶ月はかかりますので、早めの準備が必要です。


クールスカルプティング


リンゴ(内臓脂肪)型肥満はこちら!


インディバ

減らしたいのが皮下脂肪ではなく、内臓脂肪の場合どうするか?ですが、インディバがお勧めです。
インディバは、電気メス(高周波)と同レベルの周波数(中波)を利用した誘電加温型温熱機器で、容易に局所的に深部加温が得られる特徴があります。
開発当初、スペインの物理医学博士【ホセ・カルベット】氏により、ガン治療に対する治療法としてインディバが誕生しました。インディバは、カラダの深部まで容量の多い電磁波エネルギーを浸透させ、人体の様々な組織に安全なレベルのジュール熱(=体内で発生する熱)を発生させることが出来ます。
美容・医療分野で広く認められ、医療機関以外にも、美容家電や家庭用治療器などに多く応用されています。
高周波エネルギーで細胞レベルから活性化させ、美肌効果をはじめ痩身効果(特に内臓脂肪に効果的です)、セルライトの除去まで、美容や健康に関し、あらゆるお悩みに対応する先進の美容医療機器です。

インディバインディバ


インディバインディバ


メソセラピー

メソセラピー脂肪を溶解すると言われているフォスファチジルコリンやデオキシコール酸が入っている薬剤を直接脂肪層に注射することにより、部分痩せを促進します。近年デオキシコール酸が入った「カイベラ」という薬剤がアメリカFDAで2重顎治療薬として認められています。当院もデオキシコール酸が入った薬剤を勧めております。

食事療法

食事療法によるダイエットでお勧めなのが、「糖質制限・適正タンパク食」ダイエットです。
痩せたいがために何も考えず食事を減らしている患者さまがおられますが、無理なダイエットをしていると、肌荒れの原因にもなりますし、将来妊娠出産を考えている方がそういうことをされると不妊の原因にもなりかねません。無理な食事制限は続かないので、辞めてからのリバウンドも心配です。そこで、継続でき健康的になる食事療法を当院ではお話しています。それが「糖質制限・適正タンパク食」ダイエットです。糖質の取りすぎが体を疲れやすくし、老化を早め、痩せにくい体質を作っています。糖質=甘いものだけではありません。実は白米、ビールも多くの糖質を含んでいます。

また、お肉を食べると太ると思っていませんか?
ダイエットをする場合は、むしろお肉お魚しっかり取らなければいけません。お肉お魚は筋肉の材料になりますので、ダイエットするには欠かせない食べ物となります。ダイエットは脂肪を減らして、筋肉は増やすもしくは維持しなければいけませんので、筋肉の材料となるお肉お魚は減らしてはいけないことわかりますよね?

ダイエットサプリメント

当院では初めに食事療法の話をさせて頂き、それでも体重が思うように減らない場合はサプリメントをお勧めしています。
MAダイエット:当院オリジナルのダイエットサプリメントです。痩せやすい体質を作りつつ、ダイエット時に不足しがちな栄養素も補えます。

BBX BBX:タイのFDAが認可したサプリメントです。
全細胞のATP 量のバランスを維持し空腹感をコントロールします。
脂肪を燃焼させATP を産生し、体重を減少させます。
また、デンプン消化酵素を阻害する白インゲン豆抽出物、糖および脂肪の消化酵素を阻害する海藻抽出物 、脂肪と結合し吸収を阻害するオプンティア・フィカス・インディカ抽出物により摂取カロリーを約50%カットします。小麦胚芽粉末が毒素の排泄を促します。

XLS Medical XLS Medical:天然素材を用いた体に優しいダイエットサプリメントです。
患者さまの症状に合わせて、3種類ご用意しております。
脂っこい食べ物が辞められない患者様には‘Fat Binder’、炭水化物が辞められない患者様には‘Carb Blocker’、過食に悩む患者様には‘Appetite Reducer’をご用意しております。
個々の患者様に合ったサプリメントをご提供させて頂いております。

ページトップへ